ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。 SEARCH SNS ENGLISH

戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
天皇杯 試合日程・結果
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
A Point of View
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2018キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
ハーフシーズンシート
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込みについて
ホームゲーム会員限定イベント
ポイントラリー
無料会員
会員規約
アカデミー
ユース
Jr.ユース
ジュニア
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
ライターコラム「春夏秋橙」
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
アルディとミーヤの日記
オレスク便り
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > クラブ

ヒストリー

1960年代


1960年
4月 埼玉県営大宮公園サッカー場が開場。
日本初のサッカー専用グラウンドで、現在するものとしては国内最古。1976年にはFIFAワールドユース選手権日本大会となり、あのマラドーナが国際大会デビューで2ゴールをあげたことでも有名。また、皇帝フランツ・ベッケンバウアーがニューヨーク・コスモスの一員として日本代表と戦ったのもこのグラウンドでした。

1962年
11月 第18回オリンピック競技大会を東京で開催する動きの中、サッカー会場の一つを大宮に誘致する運動を起こし、これに成功。晴れてオリンピック会場に決定される。

1964年
9月 バックスタンドとゴール裏スタンド後方に仮設スタンドを設け、東京オリンピック直前に拡張工事が完了。
10月 東京オリンピックサッカー競技の会場として使用。チェコスロバキア対ブラジル戦などが行われる。

1968年
9月 埼玉管内サッカーリーグ戦開催(電電埼玉蹴球連盟加盟9チーム)

1969年
監督:園田 好彦

1月 「電電埼玉サッカーチーム」創立(9チームからの選抜)
大宮公園サッカー場をホームグランドに産声を上げる。その後、チーム名を「電電関東サッカーチーム」に改称。

1970年代


1970年
監督:金岡 正輝

埼玉県サッカー協会に登録

8月 第2回電電関東サッカー大会開催

□成績
第2回全国電電サッカー大会/第3位 (12チーム中)

1971年
監督:小川永臣
埼玉県サッカーリーグ発足

11月 第3回全国電電サッカー大会開催

□成績
埼玉県サッカー実業団大会/準優勝 6勝1敗
埼玉県サッカーリーグ1部/第4位 4勝3敗
本社・関東・東京三社対抗サッカー大会/優勝

1972年
監督:金岡 正輝

□成績
埼玉県サッカーリーグ/第3位 6勝2敗3分
第4回全国電電サッカー大会/優勝(初)

1973年
監督:金岡 正輝

入替戦突破・関東社会人サッカーリーグに昇格

□成績
埼玉県サッカーリーグ/準優勝 8勝3敗
本社・関東・東京三社対抗サッカー大会/優勝
第7回関東社会人サッカー大会/準優勝

1974年
監督:金岡 正輝

□成績
第2回埼玉サッカー選手権大会準優勝
関東社会人サッカーリーグ/第4位 5勝4敗5分
第10回全日本社会人サッカー大会/2回戦
天皇杯/1次予選

1975年
監督:暮石 勝己

□成績
第3回埼玉サッカー選手権大会/優勝
関東社会人サッカーリーグ/第8位 2勝7敗5分

— 埼玉県サッカーリーグ —

1976年
監督:暮石 勝己

□成績
埼玉県サッカーリーグ/優勝 10勝1敗
第4回埼玉サッカー選手権大会
第10回関東社会人サッカー大会/第3位
天皇杯/1次予選

1977年
監督:斎藤 昭

□成績
埼玉県サッカーリーグ/優勝 7勝1敗1分
第5回埼玉サッカー選手権大会
第11回関東社会人サッカー大会/第3位
天皇杯/1次予選

1978年
監督:斎藤 昭

□成績
埼玉県サッカーリーグ/優勝 7勝1敗1分
第6回埼玉サッカー選手権大会/優勝
第33回国民体育大会関東サッカー予選
第12回関東社会人サッカー大会/2回戦
第58回天皇杯/1次予選

1979年
監督:斎藤 昭

関東社会人サッカーリーグに復帰

□成績
埼玉県サッカーリーグ/準優勝 14勝2敗2分
第7回埼玉県サッカー選手権大会/優勝
第34回国民体育大会初出場/初戦
第13回関東社会人サッカー大会/優勝
第59回天皇杯/1次予選

1980年代


— 関東社会人サッカーリーグ —

1980年
監督:斎藤 昭

□成績
関東社会人サッカーリーグ/第6位 7勝8敗3分
第8回埼玉サッカー選手権大会/準優勝
第16回全日本社会人サッカー大会/第4位
第60回天皇杯/2次予選

1981年
監督:京野 正三郎

□成績
第15回関東社会人サッカーリーグ/第5位 5勝5敗8分
第9回埼玉県サッカー選手権
第17回全日本社会人サッカー大会/初優勝
第61回天皇杯/2次予選

1982年
監督:京野 正三郎

□成績
第16回関東社会人サッカーリーグ/準優勝 10勝4敗4分
第6回地域リーグ決勝大会/予選リーグ
第10回埼玉県サッカー選手権
第62回天皇杯/1次予選

1983年
監督:京野 正三郎

□成績
第17回関東社会人サッカーリーグ/準優勝 11勝3敗4分
第7回地域リーグ決勝大会/決勝リーグ
第63回天皇杯/1次予選

1984年
監督:京野 正三郎

関東社会人サッカーリーグ/第3位(10勝6敗2分)
第11回埼玉サッカー選手権大会/優勝
第20回全日本社会人サッカー大会/2回戦
第64回天皇杯/2次予選

1985年
監督:京野 正三郎

「NTT関東サッカー部」に改称
□成績
関東社会人サッカーリーグ/第4位 7勝6敗5分
第21回全日本社会人サッカー大会/準優勝
第65回天皇杯/1次予選

1986年
監督:京野 正三郎

日本サッカーリーグ(JSL)への参入決定

□成績
関東社会人サッカーリーグ/準優勝 11勝1敗6分
第22回全日本社会人サッカー大会/3回戦
第12回埼玉県サッカー選手権/優勝
第66回天皇杯/2次予選

第10回地域リーグ 予選リーグ/第1位(予選通過)
第10回地域リーグ決勝大会 決勝リーグ/初優勝

— 日本サッカーリーグ(JSL)2部 —

1987年
監督:京野 正三郎

□成績
第17回日本リーグ 2部
前期(東ブロック)/第4位 5勝7分2敗
後期(上位リーグ)/第5位 4勝6分4敗
JSLカップ/1回戦
第67回天皇杯決勝大会/1回戦

1988年
監督:白土 功

□成績
第17回日本リーグ 2部
前期(東ブロック)/第4位 6勝4分4敗
後期(上位リーグ)/第7位 3勝6分5敗
JSLカップ/2回戦
第68回天皇杯/関東地区予選

1989年
監督:白土 功

□成績
第18回日本リーグ 2部/第9位 13勝8分9敗
JSLカップ/2回戦
第69回天皇杯関東地区予選

1990年代


1990年
監督:白土 功

第19回日本リーグ 2部/第6位 16勝3分11敗
JSLカップ/2回戦
第70回天皇杯/関東地区予選

1991年
監督:清水 隆

□成績
第20回日本リーグ 2部/第9位 9勝6分15敗
JSLカップ/1回戦
第71回天皇杯/関東地区予選

— ジャパンフットボールリーグ(JFL)2部 —

1992年
監督:清水 隆

□成績
第1回JFL 2部/第6位 5勝7分6敗
第72回天皇杯/関東地区予選

1993年
監督:清水 隆

□成績
第2回 JFL 2部/第7位 6勝12敗
第73回天皇杯/関東地区予選

— ジャパンフットボールリーグ(JFL) —

1994年
監督:清水 隆

□成績
第3回JFL/第12位 10勝20敗
第74回天皇杯/関東地区予選

1995年
監督:清水 隆

□成績
第4回JFL/第14位 9勝21敗
第75回天皇杯/関東地区予選

1996年
監督:清水 隆

□成績
第5回JFL/第13位 7勝23敗
第1回埼玉県選手権大会/優勝
第76回天皇杯決勝大会/3回戦

1997年
監督:佐々木則夫

9月 NTT関東サッカー部正式にJリーグ参加申請
12月 NTT関東サッカー部 Jリーグ参加承認

□成績
第6回JFL/第9位 14勝16敗
第2回埼玉県選手権大会/優勝
第77回天皇杯決勝大会/3回戦

1998年
監督:ピム・ファーベック

大宮アルディージャ誕生

3月 チーム名を「大宮アルディージャ」に改称
7月 初の外国人監督ピム・ファーベック氏就任
12月 NTTスポーツコミュニティ(株)設立
12月4日 クラブマスコット「アルディ」誕生

□成績
第7回JFL/第12位 11勝19敗
第3回埼玉県選手権大会/優勝
第78回天皇杯決勝大会/3回戦

1999年以降


1999年
監督:ピム・ファーベック

Jリーグ初ゴール 得点者:佐藤 昌吉
ワールドユース決勝vsスペイン(準優勝) 氏家英行が出場

□成績
J2/6位 18勝1分17敗
ヤマザキナビスコカップ/1回戦
天皇杯第79回大会/3回戦

□チーム最多得点選手
ヨルン/9得点(11/36出場)

2000年
監督:三浦 俊也

TV番組『がんばれ!アルディージャ』(現「Ole!アルディージャ」/テレ玉)スタート
ラジオ番組『アルディージャ ホットライン』スタート
初のさいたまダービー開催

2月 サッカークリニック(指導者講習会)開催
5月 さいたま新都心街びらき」にアルディージャブース登場
5月 サッカースクール「大宮校」開校
11月 ショールーム「COMSYS IT PLAZA」開設
11月 Jリーグ通算100ゴール達成 得点者:原崎 政人

□成績
J2/4位 23勝1分16敗
ヤマザキナビスコカップ/1回戦
天皇杯第80回大会/3回戦

□チーム最多得点選手
ジョルジーニョ/15得点(32/40出場)

□新加入選手
#9 野口 幸司
#13 佐藤 悠介
#18 松本 大樹
#22 鈴木 善人
#23 金川 幸司
#24 西脇 徹也
#25 島田 裕介
#26 菊池 利三→星 大輔
#27 ジョルジーニョ
#28 田中 光男

2001年
監督:三浦 俊也

12月 オフィシャルショップ「ワールドスポーツプラザ大宮」オープン

□成績
J2/5位 26勝6分12敗
ヤマザキナビスコカップ/1回戦
天皇杯第81回大会/1回戦

□チーム最多得点選手
バルデス/21得点(18/44出場)

□新加入選手
#4 トニーニョ
#9 バルデス→外池 大亮
#10 アンデルソン
#14 大塚 真司
#19 伊東 真吾
#22 川島 永嗣
#23 アレックス
#26 木谷 公亮
#27 横山 聡
#28 村主 博正
#29 安藤 正裕
#30 バレー

2002年
監督:ヘンク

8月 Jリーグ通算200ゴール達成 得点者:小島 宏美
8月 チーム最年少得点(18歳11ヶ月16日) 金澤 慎
10月 ホームゲーム年間観客動員数10万人突破
11月 オフィシャルショップ「オレンジスクウェア」オープン

□成績
J2/6位 14勝17分13敗
天皇杯第82回大会/4回戦

□チーム最多得点選手
バルデス/13得点(32/44出場)

□新加入選手
#1 渡邉 英豊
#10 黒崎 久志
#11 小島 宏美
#12 盛田 剛平
#20 安藤 智安
#23 金澤 慎
#25 竹村 栄哉
#28 原田 慎太郎
#29 伊藤 彰
#30 ウスタ
#31 木村 聡
#32 丹野 友輔
#34 ディビッドソン 純マーカス

2003年
監督:菅野 将晃/清雲 栄純

3月 スタジアムまでの徒歩順路「オレンジロード」完成
4月 サッカースクール「上尾校」「ジェクサー大宮校」開校
7月 「第1回大宮アルディージャ絵画コンテスト」開催
12月 オフィシャルファンクラブ「サンクスパーティー」初開催

□成績
J2/6位 18勝7分19敗
天皇杯第83回大会/3回戦

□チーム最多得点選手
バレー/22得点(43/44出場)

□新加入選手
#3 野口 裕司
#9 フィナージ→エジソン
#28 辻田 真輝
#29 関 隆倫
#31 鈴木 将太
#32 大沢 朋也
#33 村田 達哉
#34 橋本 早十

2004年
監督:三浦 俊也

3月 「オフィシャルキッズクラブ」発足
4月 サッカースクール「川越校」「深谷校」開校
6月 Jリーグ通算300ゴール達成 得点者:島田 裕介
11月 J1に昇格決定

□成績
J2/2位 26勝9分9敗 J1リーグに昇格
天皇杯第84回大会/5回戦

□チーム最多得点選手
バレー/15得点(41/44出場)

□新加入選手
#3 若松 大樹
#5 冨田 大介
#6 喜名 哲裕
#9 高橋 泰
#10 ダニエル→トゥット
#16 久永 辰徳
#19 尾亦 弘友希
#21 高木 貴弘
#22 田中 賢治
#29 石亀 晃
#32 田中 輝和
#33 平岡 靖成
#34 森田 浩史
#35 西村 卓朗
#36 杉本 恵太

2005年
監督:三浦 俊也

7月 JR大宮駅前東口ロータリーに「アルディージャ時計台」設置
10月 「JOMOオールスターサッカー」にトニーニョ選手が出場
ホームゲーム年間観客動員数15万人突破
11月 「大宮公園サッカー場」改修前ラストゲーム 勝利で残留決定

□成績
J1/13位 12勝5分17敗
ヤマザキナビスコカップ/準々決勝
天皇杯第85回大会/準決勝

□チーム最多得点選手
トゥット/7得点(25/34出場)

□新加入選手
#3 三上 和良
#9 クリスティアン
#11 藤本 主税
#19 片岡 洋介
#30 桜井 直人
#31 山下 芳輝
#32 レアンドロ
#33 若林 学

2006年
監督:三浦 俊也

4月 第1回「手話応援デー」を実施
7月 Jリーグ通算400ゴール達成 得点者:グラウ
8月 小林 大悟選手が日本代表に初選出
iモード公式サイト「アルモバ!」オープン
10月 田中 輝和選手がアジア大会エントリーメンバーに選出

□成績
J1/12位 13勝5分16敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ4位
天皇杯第86回大会/5回戦

□チーム最多得点選手
小林大悟/9得点(33/34出場)

□新加入選手
#7 佐伯 直哉
#8 小林 大悟
#9 吉原 宏太
#10 マルティネス
#17 土屋 征夫
#21 江角 浩司
#22 波戸 康広
#28 西村 陽毅
#29 アリソン
#31 小林 庸尚
#32 小林 慶行
#33 グラウ

2007年
監督:ロバート/佐久間 悟

9月 J1リーグ通算100得点達成
11月 「NACK5スタジアム大宮」完成

□成績
J1/15位 8勝11分15敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ4位
天皇杯第87回大会/4回戦

□チーム最多得点選手
吉原宏太/5得点(26/34出場)

□新加入選手
#3 レアンドロ
#10 エニウトン
#24 川辺 隆弥
#27 サーレス
#28 平野 孝
#29 デニス マルケス
#31 柴崎 邦博
#33 ペドロ ジュニオール
#34 村山 祐介
#35 荻 晃太

2008年
監督:樋口 靖洋

オフィシャルファンクラブが「クラブメンバーズ」としてスタート
7月 クラブ設立10周年記念事業「夢的大宮プロジェクト」
第1回「大宮アルディージャ ORANGE!HAPPY!! SMILE CUP!!!」開催

□成績
J1/12位 12勝7分15敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ4位
天皇杯第88回大会/5回戦

□チーム最多得点選手
デニス マルケス/8得点(20/34出場)

□新加入選手
#2 塚本 泰史
#16 ラフリッチ
#25 内田 智也
#26 丹羽 大輝
#27 市川 雅彦
#28 土岐田 洸平
#29 川原 達也
#31 清水 慶記
#34 青木 拓矢
#35 渡部 大輔

2009年
監督:張 外龍(チャン・ウェリョン)

3月 チーム最年少出場記録(18歳4ヶ月05日)達成 新井 涼平
5月 Jリーグ通算500ゴール達成 得点者:藤本 主税

□成績
J1/13位 9勝12分13敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ5位
天皇杯第89回大会/3回戦

□チーム最多得点選手
マト/8得点(33/34出場)

□新加入選手
#1 高木 貴弘
#3 マト
#9 石原 直樹
#13 藤田 祥史
#14 パク ウォンジェ
#16 ラファエル
#18 ドゥドゥ
#28 福田 俊介
#33 新井 涼平
#34 ソ ヨンドク

2010年
監督:張 外龍/鈴木 淳

2月 スポーツキャラバン500回目実施

□成績
J1/12位 11勝9分14敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ5位
天皇杯第90回大会/4回戦

□チーム最多得点選手
石原直樹/9得点(9/33出場)

□新加入選手
#1 北野 貴之
#4 深谷 友基
#5 安 英学
#14 坪内 秀介
#16 李 天秀
#18 李 浩
#20 多田 大介
#22 金久保 順
#24 鈴木 規郎
#26 村上 和弘
#27 木原 正和
#32 杉山 新
#33 工藤 将太朗
#34 宮崎 泰右

2011年
監督:鈴木 淳

11月 NACK5スタジアム大宮が「Jリーグベストピッチ賞」を受賞
12月 Jリーグ通算600ゴール達成 得点者:東 慶悟

□成績
J1/13位 10勝12分12敗
ヤマザキナビスコカップ/2回戦
天皇杯第91回大会/2回戦

□チーム最多得点選手
ラファエル/10得点(31/34出場)

□新加入選手
#8 東 慶悟
#13 渡邉 大剛
#17 上田 康太
#20 金 英權
#29 清水 慎太郎
#35 川田 修平
#37 ホドリゴ ピンパォン

2012年
監督:鈴木 淳/ベルデニック

ホームでのさいたまダービー初勝利

□成績
J1/13位 11勝11分12敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ5位
天皇杯第92回大会/準々決勝

□チーム最多得点選手
ノヴァコヴィッチ/5得点(12/34出場)
長谷川悠/5得点(31/34出場)

□新加入選手
#2 菊地 光将
#3 河本 裕之
#5 カルリーニョス
#9 曺 永哲
#11 ズラタン
#19 ノヴァコヴィッチ
#22 下平 匠
#32 長谷川 悠
#33 李 根鎬
#36 大山 啓輔
#37 鯉沼 晃

2013年
監督:ベルデニック/小倉 勉

5月 Jリーグディビジョン1で「21試合連続無敗記録」達成

□成績
J1/14位 14勝3分17敗
ヤマザキナビスコカップ/予選リーグ5位
天皇杯第93回大会/4回戦

□チーム最多得点選手
ノヴァコヴィッチ/12得点(26/34出場)

□新加入選手
#17 高橋 祥平
#20 和田 拓也
#22 ニール
#27 今井 智基
#28 富山 貴光
#38 藤井 悠太
#39 泉澤 仁
#40 高瀬 優孝

2014年
監督:大熊 清/渋谷 洋樹

5月 Jリーグ通算700ゴール達成 得点者:長谷川 悠
12月 NACK5スタジアム大宮が「Jリーグベストピッチ賞」(2011年以来2回目)を受賞

□成績
J1 16位 9勝8分17敗 勝点35 J2降格
ヤマザキナビスコカップ 予選リーグ6位
天皇杯第94回大会 準々決勝

□チーム最多得点選手
ムルジャ/9得点(18/34出場)

□新加入選手
#4 橋本 晃司
#8 ムルジャ
#13 趙 源熙
#14 中村 北斗
#18 横山 知伸
#20 ラドンチッチ
#36 後藤 大輝
#38 増田 誓志
#41 家長 昭博
#42 マテウス

2015年
監督:渋谷 洋樹

3月 金澤 慎がクラブ初のJリーグ通算300試合出場を達成
7月 クラブ最年長得点(35歳11ヶ月16日) 播戸 竜二
9月 大宮駅周辺の清掃活動「大宮クリーン大作戦」が300回を超える
11月 Jリーグ通算800ゴール達成 得点者:福田 俊介
11月 第41節・大分トリニータ戦の勝利により、J2優勝&1年でのJ1復帰が決定

□成績
J2/1位 26勝8分8敗 勝点86
天皇杯第95回大会/3回戦

□チーム最多得点選手
ムルジャ/19得点(18/34出場)

□新加入選手
#1 加藤 順大
#11 播戸 竜二
#17 横谷 繁
#20 大屋 翼
#21 塩田 仁史
#25 高山 和真
#26 小島 幹敏
#36 川田 拳登
#37 黒川 淳史
#38 藤沼 拓夢

2016年
監督:渋谷 洋樹

7月 チーム最年長出場記録(36歳11ヶ月28日) 播戸 竜二
11月 リーグ戦で過去最高成績 年間5位・勝点56

□成績
J1/5位 15勝11分8敗 勝点56
ルヴァンカップ/準々決勝
天皇杯第96回大会/準決勝

□チーム最多得点選手
家長昭博/11得点(26/34出場)

□新加入選手
#4 山越 康平
#5 沼田 圭悟
#6 河面 旺成
#7 江坂 任
#9 ネイツ ペチュニク
#10 岩上 祐三
#19 奥井 諒
#32 加藤 有輝
#50 松井 謙弥

2017年
監督:渋谷 洋樹/伊藤 彰/石井 正忠

7・8月 第10回「大宮アルディージャ ORANGE!HAPPY!! SMILE CUP!!!」開催
12月 最終節で最下位に。2度目のJ2降格へ

□成績
J1/18位 5勝10分19敗 勝点25 J2降格
ルヴァンカップ/予選リーグ5位
天皇杯第97回大会/準々決勝

□チーム最多得点選手
江坂任/7得点(34/34出場)

□新加入選手
#10 大前 元紀
#28 長谷川 アーリアジャスール
#33 マルセロ トスカーノ
#35 キム ドンス
#37 カウエ
#38 山田 陸
#40 茨田 陽生
#44 瀬川 祐輔
#46 奥抜 侃志

2018年
監督:石井 正忠

6月 第10回「手話応援デー」を実施
12月4日 クラブ創立20周年記念日

□新加入選手
#5 中村 太亮
#7 三門 雄大
#9 ロビン シモヴィッチ
#20 酒井 宣福
#22 笠原 昂史
#34 佐相 壱明
#39 嶋田 慎太郎