ARDIJA VISION 2020 未来を、ともに。
LOGIN SEARCH SNS ENGLISH
戻る
試合
明治安田J2 試合日程・結果
順位表
放送予定
リーグ戦大会方式/試合方式
過去の試合結果
首都圏バトル5
トップチーム
トップチーム
トップチームスケジュール
トップチームスローガン
2019キャンプレポート
過去のトップチーム
シーズンデータ
練習・練習試合の見学について
チケット・観戦
購入方法
料金・席種のご案内
チケット販売スケジュール
シーズンチケット
スタジアム
アウェイ応援ツアー
注意事項・管理規程・観戦マナー
観戦ガイド
法人のお客さま
ビジターサポーターの皆さまへ
優先入場権における事前抽選方法
事前抽選お申込スケジュール
場内演出タイムスケジュール
フード・ファストパス/デリバリー
「チケット・観戦」トップ
クラブ
クラブ理念
クラブビジョン
クラブハウス・練習場
クラブ概要
会社概要
ヒストリー
国際交流活動運動
環境活動・社会貢献活動
企業としての取り組み
トータルアドバイザー
クラブアンバサダー
「クラブ」トップ
ファンクラブ
会費/特典
お申込について
ホームゲーム会員限定イベント
アルディージャポイント
無料会員
会員規約
会員マイページ
アカデミー
U18
U15
U12
育成スタッフ
出身選手紹介
アカデミー使用施設
セレクション情報
主要参加大会
サッカー教室
スクールキャラバン
「アカデミー」トップ
ホームタウン
ホームタウンニュース
イベントカレンダー
街と、ともに。
子どもたちと、ともに。
社会と、ともに。
企業と、ともに。
ある得ショップ
アルログ
「ホームタウン」トップ
パートナー
アルディージャビジネスクラブ
パートナー紹介
後援会
サポートスタッフ
「パートナー」トップ
スクール
「スクール」トップ
よくあるご質問
みんなの声
スクールの特徴
スクールコーチ
入会までの流れ
在校中の皆さまへ
サッカー教室
スクールキャラバン
ファンパーク
会員コンテンツ
デジタルVAMOS
ダウンロードコンテンツ
VAMOS Webプレビュー
クラブ公式アプリ
ARDIJA FREE Wi-Fi
応援番組
「ファンパーク」トップ

ARDIJA NOW

ホーム > ファンパーク > デジタルVAMOS
春夏秋橙タイトル


ピッチで戦う選手たちの素顔や魅力を、アルディージャを“定点観測”するオフィシャルライター陣の視点で、毎月1回程度お届けします。

Vol.031 岩本 勝暁

痺れるようなあの感覚

 僕には、感謝してもし切れない人物が二人いる。どちらも今の仕事に直結しているのが、その理由だ。一人は、文章を書く楽しさを教えてくれた大学時代の友人。そしてもう一人が、サッカーの楽しさを教えてくれた高校時代の友人である。3年生のとき、彼はサッカー部のキャプテンだった。

 サッカーの楽しさを教えてくれた――といっても、特に何かをしてもらったわけではない。彼からすれば、ただの練習相手。僕に何かを教えるつもりはなかったと思う。ただ、30メートルくらい離れた距離から、何度もボールを蹴り合っていただけだ。時間にすれば30分か、せいぜい1時間といったところ。チームに朝練がなかったので、1時間目の授業が始まるまで、ただひたすらボールを蹴っていた。

 一つだけ、自分で決めていたルールがあった。それは、彼が要求する位置にピンポイントでボールを蹴ること。胸、右足、左足――。正確なコントロールが求められた。おかげで足が遅く、球際に強いわけでもなく、特別なテクニックがあるわけでもない平凡な選手だった僕が、ロングキックだけは自信を持つことができた。

 忘れられない試合がある。一度だけ、練習の成果がはっきりと出たのだ。公式戦ではない。ただの練習試合だった。ポジションは今でいうボランチ。ハーフウェーライン付近でボールを持って前を向いた。そのとき、相手ディフェンスラインの裏を目がけて、右サイドを走り抜ける選手が視界に入った。

 確かに見えた。ボールの軌道だ。見えた、気がした。それに合わせるかのようにボールは左にカーブを描き、DFの頭を超えて走り抜ける選手の足元にピタリと落ちた。その後、どうなったのかは覚えていない。ただ、ボールの軌道と右足の感覚だけは、今でもはっきりと思い出せる。

 あの感覚を、もう一度、味わいたい。そのためにサッカーを続けてきた気がする。それくらい、痺れるような体験だった。そして、あのときの記憶を失わないために、今のこの仕事を続けている。
  •  4月3日のファジアーノ岡山戦で、ようやく今シーズンのホーム初勝利を手に入れた。劇的な逆転勝利だった。後半アディショナルタイムに始まるチャントが耳から離れない。試合終了を告げるホイッスル。歓声が地鳴りのように響きわたった。

     ホームでの勝利は格別だ。試合後のミックスゾーンは、逆転ゴールを決めた畑尾大翔の周りに記者が集まった。思えば、前節のV・ファーレン長崎戦では開始早々にヘディングシュートをポストに当てている。それだけに、試合前から周囲の人たちに発破をかけられていたという。
  • 畑尾 大翔
 「中3日の間にかなりイジられましたけど、『僕、大事なところで点を取るんで』って冗談で言い返していたんです。結果的に大事なところで点が取れて良かった(笑)。ホームでの勝利はうれしいですね。サポーターの皆さんも、あんなに喜んでくださっていた。目に見える形で結果を出せて良かったです」

 ホームゲームは、アルディージャを思うたくさんの人たちによって、あの雰囲気が作られている。あの感動を、もう一度、味わいたい。何度も、何度も味わいたい。そのために、またNACK5スタジアム大宮に足を運んでいる。


岩本勝暁 (いわもと かつあき)
2002年にフリーのスポーツライターとなり、サッカー、バレーボール、競泳、セパタクローなどを取材。2004年アテネ大会から2016年リオ大会まで4大会連続で現地取材するなど、オリンピック競技を中心に取材活動を続けている。2003年から大宮アルディージャのオフィシャルライター。